株式会社モダン装美 MODAN SOUBI

  • 会社案内
  • 業務内容
  • レンタル用品
  • 清掃事業
  • お知らせ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 採用情報

TOPページ > お知らせ > ポップコーン機レンタル 学園祭お祭りで大人気の商品のご案内


新たに入荷致しましたポップコーンレンタル機のご紹介です。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


人気間違い無しのキャラメルポップコーン



当商品は世界中の主要テーマパークで採用されているゴールドメダル社のポップコーンマシーンです。
本場アメリカのテイストをお気軽にお楽しみ頂けます。
模擬店や文化祭、学園祭等で大人気のキャラメルポップコーン!
甘い香りがお客様の購買意欲を掻き立てます。


作り方も簡単



①マシンのスイッチ全てがオフになっている事を確認して下さい。(写真①は全てオフの状態です)
確認が出来ましたらマシンの電源プラグをコンセントに差し込みます。

②ケトルヒーター(写真①の左のスイッチ)、フロアライト・フロアヒーター(写真①の右のスイッチ)をオンにします。

③ケトルの中にココナッツオイルを入れます。オイルが固まっている場合、事前に常温に戻して置くと入れやすくなります。

④ケトルが冷えている際の試し炊きの為、ポップコーン豆をケトルの中に数粒入れて弾けるのを待ちます。続けて作る際はケトルが熱を持っているので試し炊きは不要です。



⑤試し炊きのポップコーン豆が弾けたらケトルが熱くなった証拠です。続けてポップコーン豆を全て入れます。

⑥キャラメルグレイズをケトルの中に入れます。

⑦モータースイッチ(中央のスイッチ)をオンにしてケトル内のシャトルを回します。

⑧数分後には出来上がったポップコーンが音を立てて飛び出し始めます。ケトルからオイルやキャラメルが飛ぶ事があるのでご注意下さい。



⑨ケトルを熱し続けると中のポップコーンが焦げてしまうので、ポップコーンが飛び出し始めたらケトルヒーターのスイッチをオフにします。

⑩ケトルヒータースイッチを切りポップコーンが弾ける音が少なくなったらモータースイッチをオフにします。
ケトルの中にポップコーンが残っていると次に作る際に焦げてしまう為、豆が残らないように全て出し切ります。落ちてこない場合は割ばし等でかき出します。

⑪出来たポップコーンを熱い内にかき混ぜて味を均一にします。付属のスコップですくってカップによそえば完成です。

⑫ポップコーンの欠片や弾けなかった豆はマシンの下部に溜まります。
続けて作る際にはこまめに取り除いて下さい。


サイズと仕様について



ポップコーンの本場アメリカ産の厳選されたポップコーンの材料を使用。
(※ポップコーン機とは別途料金、販売となります。)
・ポップコーン豆:170g/1袋 アメリカ産(遺伝子組換トウモロコシを使用しておりません)
・キャラメルグレイズ:150g/1袋 アメリカゴールドメダル社製
・ココナッツオイル:60g/1袋 アメリカベンチュラフーズ社製






お知らせ

営業時間
8:30~17:30
TEL
0565-80-6565
FAX
0565-80-6373
本社所在地
〒471-0807
愛知県豊田市広川町5丁目
107番地

お問い合わせ